費用の相場をチェックしよう

脂肪溶解には様々なメリットがある

脂肪溶解とは注射で溶解剤を注入し、脂肪を溶かして排出させるという施術方法です。使用する薬剤はホスファチジルコリンと呼ばれるものですが、大豆由来の成分なので安全性は高いです。1回の施術で効果が感じられる訳ではないですが、何度か繰り返し治療を受ける事でゆっくり効果が実感出来るようになります。手術ではなく注射1本で施術可能な事や、施術時間は10分程度という手軽さが人気の理由となっており、他にも手術後に生じる腫れや内出血などダウンタイムがほとんど無い事、お腹や太腿など自分の気になる部分にピンポイントで施術が可能な事、脂肪だけではなくセルライトにも効果がある事、そして術後にリバウンドしにくいといった特徴があります。

脂肪溶解にかかる費用とは?

脂肪溶解のメリットの1つに、費用が比較的リーズナブルという点も挙げられます。例えば脂肪を減らして痩せる施術法と言えば脂肪吸引も有名ですが、脂肪吸引が20万から100万ほどかかる事に対して、脂肪溶解は1回あたり1万円程度となっています。もちろんクリニックによって、また自分が施術したい箇所によって費用にも違いがあり、3千円程度で受けられる場合もあれば、数万円が必要になる事もあります。手軽さや安全性も考慮すると、脂肪溶解の方が受けやすいという印象も高くなりますが、1つ注意したいのが、脂肪溶解は脂肪吸引のように1回の施術で満足できる訳ではないという事です。最低でも3回は施術が必要となり、人によっては繰り返し続けなければいけません。安いという印象を持っていても、回数を重ねる事で、実は脂肪吸引とあまり金額が変わらなかったという事も有り得ます。