脂肪を溶かす薬剤を注入する

部分痩せに最適な方法

部分痩せは非常にハードルが高く、通常のダイエットで実現させることは困難です。そこで役立つのが医療機関で受けられる脂肪溶解注射で、気になる場所に薬剤をスポット注入していきます。一般的なダイエットだと脂肪細胞を小さくさせるのが目的ですが、脂肪溶解注射は数を減少させるのが特徴です。減少した脂肪は復活しないので、リバウンドのリスクが極めて低いです。プチ整形として活用される脂肪溶解注射は、脂肪吸引よりも気軽に受けることができます。5~10分くらいの施術で完了し、ダウンタイムはほとんどありません。若干の内出血はありますが、通院する必要はなく当日から洗顔やメイクが可能です。注意したいポイントは施術当日は内出血を抑えるために、無理な運動を避けることです。

セルライト対策にも最適

セルライトに悩んでいる人に最適な痩身法が脂肪溶解注射で、脂肪の中で最も落とすのが難しいセルライトを除去できます。放置しておくと肌が凸凹になってしまい、垂れてくる可能性があるので注意してください。脂肪溶解注射をすることで脂肪やセルライト、使用した薬剤などは排泄物として体外に排出されていくので安心です。施術は極細針を使用して行われることが多く、基本的に麻酔は使用しません。日帰りで完了する簡易的な施術のためプチ整形と言われているわけです。脂肪溶解注射がよく使用される部位はお腹周りやヒップ、太ももなどです。食事制限や運動なしで痩せられる画期的な方法で、ダイエットが続かない人に適しています。薬剤を注射したあとは太りにくい体質になるので、加齢による基礎代謝低下に悩んでいる人も受けてみましょう。